丸紅、台湾で再エネ参入 水上太陽光を買収

2020/2/26 21:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

丸紅は台湾の再生可能エネルギー開発会社、チェンヤ・エナジー(新竹市)を同社が持つ太陽光発電設備と一括して買収することを決めた。買収額は百数十億円で、取得する設備は開発中の世界最大規模の水上太陽光発電所を含む計27万キロワット。脱原発を掲げる台湾では大型の再エネ開発計画が相次ぎ、現地勢や欧米豪企業との投資競争が激しくなっている。

丸紅はチェンヤ・エナジーに100%出資して完全子会社にする。同社は太…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]