エディオンの「脱・家電量販」戦略 次の柱は教育事業
プログラミング教育スタートアップの買収弾みに

2020/2/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エディオンは家電量販だけに頼った事業構造からの脱却を目指す。2019年12月に買収した、プログラミング教室を展開するスタートアップ企業の夢見る(堺市)を非家電事業の次の成長エンジンに据える。店舗内や近隣施設に教室を展開し、店舗への人の往来を活発にする狙い。家電製品の販売量を求めるビジネスモデルは曲がり角を迎えており、教育事業に活路を求める。

エディオンの店舗内や近隣施設を中心にプログラミング教室…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]