/

この記事は会員限定です

12月企業の純利益増加額、前期減損の反転組が上位 3月期業績の先読み指標に

ランキングで読む決算(7)

[有料会員限定]

12月期決算企業の2020年12月期の純利益見通しは前期比14%増の約3兆900億円と2年ぶりの増益に転じそうだ。過去にM&A(合併・買収)した企業の業績不振を理由に、相次ぎ減損損失が出て前期に利益が減った反動が大きい。新型コロナウイルスの影響で増益幅は縮む恐れもある。3月期決算企業の業績を先読みするうえでも参考になりそうだ。

12月期決算384社の今期の業績見通しについて、2月18日までの発表を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1160文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン