余剰マスク、国が備蓄 新型コロナで首相表明

2020/2/26 18:44
保存
共有
印刷
その他

 衆院予算委で答弁する安倍首相=26日午後

衆院予算委で答弁する安倍首相=26日午後

安倍晋三首相は26日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて品薄状態が続くマスクの増産に関連し「もし余った場合は、備蓄として国が責任を持つ」と明らかにした。国民民主党の玉木雄一郎代表への答弁。国内の主要メーカーは政府の呼びかけに応じ、24時間体制でマスクを増産している。

中小企業を中心にマスクを増産した後に売れ残る事態を懸念する声があり、国による備蓄で増産を促す。菅義偉官房長官は26日の衆院予算委で3月に月6億枚規模の供給力を確保できるとの見通しを改めて示した。

市販に加えて医療機関でもマスクが不足している。中国からの輸入停滞も背景だ。菅氏は「在庫が不足する医療機関などへ出荷されるため、店頭に並ぶまでに時間がかかる」とも述べた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]