/

この記事は会員限定です

「最高裁見解超え、画期的」 ハンセン病元患者弁護団

[有料会員限定]

ハンセン病患者とされた男性に死刑を言い渡した「特別法廷」を違憲と判断した熊本地裁判決について、原告と弁護団が26日、熊本市内で記者会見した。弁護団の徳田靖之共同代表は「特別法廷の違憲性を明確にしなかった最高裁の見解を大きく踏み越えた画期的な判断だ」と評価した。

徳田弁護士は1952年から行われた菊池事件の審理を違憲と判断した意義や、最高裁が言及しなかった憲法13条違反を判断したことを強調。「今後は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン