新型コロナ、北海道で39人目 札幌出張中の大阪の会社員

2020/2/26 18:00
保存
共有
印刷
その他

札幌市は26日、北海道内で39人目の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。大阪府に住む40代の日本人男性で、職業は会社員だった。現在の症状は軽く、会話もできるという。

男性は23日、出張で札幌を訪れた。24日に熱とせきが現れて市内の医療機関を受診。25日に札幌市衛生研究所の新型コロナ検査で陽性だとわかり、外部に汚染する恐れのない別の医療機関に入院した。市は入院先を明らかにしていない。

札幌市内ですでに確認された新型コロナ患者との接触はできず、市は「札幌を訪れる前に感染した可能性が高い」との見方を示した。札幌市保健所は男性の行動歴や濃厚接触者を調べている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]