/

この記事は会員限定です

黒糖、過剰在庫深刻に 豊作続くも消費増えず

安値の輸入品が痛手に

[有料会員限定]

和菓子や調味料などに使う黒糖の在庫過剰が深刻になっている。国内で黒糖の9割超を生産する沖縄では台風被害の減少などで原料のサトウキビの豊作が続き、2016~17年度以降は生産が年間販売量を上回る状況が続く。業界では販路開拓を急ぐが安価な輸入黒糖との競合が痛手で、需要の拡大は難航している。

沖縄本島北部の離島、伊江島。1~3月はサトウキビの農繁期で、刈り取られたサトウキビが、黒糖工場に次々と運ばれてく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン