/

小田急電鉄、静岡のホテル子会社の保有全株式を売却

小田急電鉄は26日、「ホテルセンチュリー静岡」を運営する子会社のホテル小田急静岡(静岡市)の保有全株式(発行済み株式の約95%)を、ホテル運営・再建のブリーズベイホテル(横浜市)に3月31日付で譲渡すると発表した。譲渡金額は非公表。業績の低迷と事業環境の変化で、今後の大きな伸びが見込めないと判断した。

ホテルセンチュリー静岡の売上高は約30億円。婚礼や宴会事業を見直し17年度、18年度は黒字化に成功したものの、19年度は赤字を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン