憂うフランス、したたか防衛論 「強い欧州」へ4戦略
本社コメンテーター 秋田浩之

秋田 浩之
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/2/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国におんぶに抱っこでは、もはや欧州は安泰ではない。こんな思いから、フランスのマクロン大統領は2月15日のミュンヘン安全保障会議で、「強い欧州軍」をつくる構想を唱え、各国に協力を呼びかけた。

英国が抜けると、フランスは欧州連合(EU)で唯一の核保有国になる。マクロン氏は将来、フランスが自前の核戦力を使い、欧州に「核の傘」を提供することも視野に入れているという。

米国からどこまで自立し、欧州独自の…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋田 浩之

本社コメンテーター

外交・安全保障

長年、外交・安全保障を取材してきた。東京を拠点とし、北京とワシントンの駐在経験も。北京では鄧小平氏死去、ワシントンではイラク戦争などに遭遇した。著書に「暗流 米中日外交三国志」「乱流 米中日安全保障三国志」。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]