レオスの「現金」が向かう先

2020/2/26 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ひふみ投信」を運用するレオス・キャピタルワークスの運用方針が注目を集めている。ひふみ投信や「ひふみプラス」などを一括して運用するマザーファンドで、1月末まで0.7%だった現金比率を25日時点で30%弱まで高めた。新型コロナウイルスの感染拡大で、相場が下落することに備えた動きだ。

現金比率は2月14日以降に徐々に高めたという。30%程度まで比率を高めたのは2015年のギリシャショック時以来で、現…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]