名古屋三越ラシック、過去最大の改装 開業15周年

2020/2/26 19:30
保存
共有
印刷
その他

名古屋三越ラシック店は25日、3月9日の開業15周年に合わせ、過去最大規模のリニューアルを実施すると発表した。約3600平方メートルを改装し、20種類のブランドを新たに移設・開業する。30~40代の女性をターゲットに、集客力の向上を図る。

ラシックは2005年3月、栄地区に開業した。10周年には29店舗、2500平方メートルを改装したが、今回はそれを超える規模の改装。ユナイテッドアローズのセレクトショップなど東海地区初の婦人服ブランドをそろえ、グランドオープンは4月24日を予定している。

担当者によると、来店客数の8割は女性。開業当初は20代前半だった客が年を重ね、家族や子どもを連れて来店するようになったという。一部の店舗にキッズスペースを設けるなどして、家族で楽しめる店舗作りを意識した。

メーンキャラクターには人気グループ「TRF」のDJ KOOさんを迎えた。ボタンを押すと声が流れる等身大のモニュメントを設置し、イベントを盛り上げる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]