/

環境省「ESGアワード」 金賞に7社、小泉環境相「環境先進国の復権を」

ESG金融の先進的な取り組みを進める企業を表彰した(26日、東京・港)

環境省は26日、環境・社会・企業統治を重視する「ESG金融」の拡大に積極的に取り組んだ企業や金融機関などを表彰する「第1回ESGファイナンス・アワード・ジャパン」の表彰式を開いた。金賞は、企業部門では花王キリンホールディングス、投資家部門では第一生命保険とニッセイアセットマネジメント、ボンド部門では芙蓉総合リース、金融サービス部門ではS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス、融資部門では三井住友信託銀行がそれぞれ受賞した。銀賞は13社だった。

同アワードはESG金融の取り組みを広げるため、環境省が2019年度に創設した。小泉進次郎環境相は表彰式であいさつし、「日本は企業や自治体で脱炭素社会に向けた取り組みが急激に伸びている。日本が環境先進国として復権するカギはESG金融だ」と述べた。

表彰式は新型コロナウイルスによる感染の拡大を防ぐため、一般の入場者を制限して開かれた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン