/

浜松市がコロナ対策会議 イベント3月15日まで中止も

浜松市は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、第1回の対策本部会議を開いた。市が主催する不特定多数の参加者が集まる屋内イベントなどは、3月15日まで延期か中止とする方針を示した。26日午前11時の時点で静岡県内に患者は発生していないが、今後の感染拡大を防ぐため対応を急ぐ。

市主催のイベントは、食事を提供するものや高齢者らが参加するものも3月15日まで延期か中止にする。これまでに「北区Deまつり」など6件の中止が決まっている。学校の卒業式などは最低限の規模で開く。

市内の観光業は宿泊キャンセルなどで約9億8000万円の影響を見込む。製造業も中国のサプライチェーン(供給網)の停滞などで影響を受ける企業が多い。市は影響を受けた中小企業の資金需要に対応するため、市の融資制度「ビジネスサポート資金」に「新型コロナウイルス感染症対応枠」を設置した。

鈴木康友市長は「今後1~2週間が感染拡大を防げるかどうかの山場になる。引き続き緊張感を持って対応する」と話した。対策本部会議は今後も状況に応じて開催する方針だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン