/

この記事は会員限定です

シビックテック生かすには 近藤康久氏

総合地球環境学研究所准教授(オープンサイエンス論)

[有料会員限定]

地域の活性化や住みよいまちづくりなど社会の課題解決に向けて「シビックテック」の取り組みが全国で進んでいる。IT企業の技術者らがスキルを生かし、社会に貢献する活動だ。例えば北海道でヒグマの出没情報を地図上に集約するクラウドシステム「ひぐまっぷ」は、技術者と研究者、行政職員が市民の視点で共同開発した。筆者はシビックテックによって琵琶湖の水草資源活用を支援するプロジェクトを進めている。

国も行政データ活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン