東京都の小池知事「5Gノウハウ、全国知事会で共有」

5G
2020/2/26 15:31
保存
共有
印刷
その他

東京都の小池百合子知事は26日の都議会で、次世代通信規格「5G」推進で「全国知事会などの場も活用し、ノウハウを全国の自治体に広く共有してもらう」と述べた。5Gと先端技術を活用する施策を広く展開して「全国の共存共栄、日本の持続的な成長に貢献していく」とした。

小池氏は東京都議会で、5Gノウハウを全国で共有する方針を説明した(26日、都議会本会議場)

都議会最大会派の都民ファーストの会の代表質問に答えた。都は街灯や信号機など保有施設の情報を公開し、通信事業者に5G基地局の設置を促してきた。基地局設置に関する相談や申請の窓口も一本化し、現地調査開始までの期間を短縮したという。

こうした先行事例やノウハウを共有する。小池氏は「すでに山梨県や埼玉県、大阪府、大阪市などから問い合わせをもらい、意見交換を開始している」と話した。

5Gは地域の経済成長を大きく左右するとして、全国知事会で都市と地方の整備に差が生じないよう求める声が出ていた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]