/

この記事は会員限定です

無印良品・ユニクロ、中国での休業店舗ピーク時の半数以下に 新型肺炎で

[有料会員限定]

良品計画ファーストリテイリングの小売大手2社が、新型コロナウイルスの影響で一時閉鎖した中国の店舗の再開を進めている。良品計画の「無印良品」、ファストリの「ユニクロ」の休業店数はいずれもピーク時の半分に戻った。ただ一般市民の外出制限が続くうえ、生産拠点としても依存度が高く、「中国リスク」は依然として残る。

無印良品の中国の休業店数は全店舗の2割強に当たる70店(25日現在)で、ピークの9日(15...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン