日本の科学力強化へ 曲がり角の「マスタープラン」
科学記者の目 編集委員 小玉祥司

小玉 祥司
2020/3/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

科学者の国会とも呼ばれる日本学術会議が、日本が重点を置くべき大型研究プロジェクトをまとめた「マスタープラン2020」を発表した。これまで先進的な大型プロジェクトを推進するうえで大きな役割を果たしてきた一方、10年の節目を迎える今回は課題も目につき始めている。国際協力が進み新たな研究分野も広がるなかで、いかに新しいチャレンジに取り組み日本の科学の存在感を高めていくか、マスタープランの意義が問われる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]