IOC委員発言「公式見解ではない」 菅氏「東京五輪5月判断」で

2020/2/26 13:30
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)委員が東京五輪開催の判断期限は5月下旬との認識を示したことについて「IOCの公式見解ではない」と語った。「事実関係を大会組織委員会がIOCに確認した」と明らかにし「予定通り大会開催に向け、準備を進めているとの回答を得た」と説明した。

3月に始まる聖火リレーに関して「組織委員会からはスケジュールなどの変更はないと聞いている」と語った。「新型コロナウイルス感染症対策の海外への情報発信を含め、大会開催に向けた準備を着実に進めていきたい」と強調した。

7月24日開会の東京五輪を巡っては、IOCで1978年から委員を務めるディック・パウンド氏(カナダ)が新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ「開催の判断期限は引き延ばせて5月下旬」との見方を示していた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]