首相、今後2週間のイベント中止要請 新型コロナ拡大で

2020/2/26 13:06
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で発言する安倍首相(26日、首相官邸)

新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で発言する安倍首相(26日、首相官邸)

安倍晋三首相は26日、新型コロナウイルス感染症対策本部を開き、今後2週間は全国的なスポーツや文化イベントの中止や延期、規模縮小を要請した。「この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要」と述べた。韓国の大邱(テグ)市と慶尚北道清道郡に滞在歴のある外国人の入国を拒否するとも表明した。

政府が25日に公表した新型コロナ対策の基本方針では、イベント開催について一律の自粛要請はしないものの、開催の必要性を改めて検討するよう求めていた。

首相は「多数の人が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については大規模な感染リスクがある」と指摘したうえで「今後2週間は中止、延期、または規模縮小等の対応を要請する」と強調した。「地方自治体、医療関係者、事業者、国民と一丸となって、新型コロナウイルス感染症対策をさらに進めていく」と呼びかけた。

韓国・大邱からの入国拒否の措置は27日午前0時から実施する。入国申請前の14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人を対象にする。これまで中国湖北省と浙江省を対象にしており、対象国を中国以外に広げるのは初めて。韓国国内では新興宗教団体「新天地イエス教会」の大邱市内の教会で起きた集団感染が周辺地域にも拡散している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]