自動運転、トヨタが探る地域別最適解 中国企業に出資

2020/2/26 13:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車が自動運転分野での仲間作りを加速する。26日、中国のスタートアップ企業、小馬智行(ポニー・エーアイ)に約4億ドル(約440億円)を出資することを明らかにした。トヨタが開発した移動サービス向け自動運転EV(電気自動車)「イーパレット」の活用を要に、日米中など主要国で提携先を増やし、各国での事業化を円滑に進める狙いだ。

同日、ポニーはトヨタの出資を受け入れると発表した。トヨタとポニーは2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]