/

この記事は会員限定です

都立校、感染なら14日休校 新型コロナ対策で

(更新) [有料会員限定]

東京都は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新たな方針を明らかにした。都立校の教職員や児童、生徒らが感染した場合には14日間を目安に臨時休校を実施するほか、学年末考査を終えた学校から順次、自宅学習に移行して春休みを2週間程度前倒しする。

都は3月15日までを感染拡大防止の集中取り組み期間と位置づけている。公共交通機関の混雑を避けるため、都立校の始業時間を繰り下げて時差通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン