米長期金利が過去最低の1.31%に NYダウは800ドル下げ

2020/2/26 4:19
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=岩本貴子】25日午後のニューヨーク債券市場で長期金利の指標となる米10年物国債利回りが一時、前日比0.06%低い(価格は高い)1.31%と2016年7月6日付けた過去最低水準を更新した。新型コロナウイルスが世界にまん延する中、米国にも感染が広がるとの懸念が強まった。25日の米ダウ工業株30種平均が大幅安となり、相対的に安全資産とされる米国債への資金流入が続いた。

米財務省(ワシントン)=ロイター

米疾病対策センター(CDC)の高官が25日、「新型コロナの米国でのまん延に備える必要がある」と述べた。韓国やイタリアに続き、米国でも感染が広がるとの警戒された。ダウ平均の下げ幅は一時800ドルを超えた。

弱い米経済指標が相次いだことも債券買いを促した。米調査会社カンファレンス・ボードが25日に発表した2月の消費者信頼感指数は130.7と市場予想(132.6)を下回った。リッチモンド連銀が同日発表した2月の製造業景況指数はマイナス2と市場予想(プラス15)を大幅に下回った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]