増え続ける検査対象 感染研、3交代24時間態勢
感染拡大を防げ(2)

ルポ迫真
2020/2/25 23:00 (2020/2/26 3:15更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染の有無を調べる「PCR検査」の依頼が殺到した国立感染症研究所(東京都新宿区)

新型コロナウイルス感染の有無を調べる「PCR検査」の依頼が殺到した国立感染症研究所(東京都新宿区)

第1便197件、第2便199件、第3便145件――。国立感染症研究所(感染研、東京・新宿)に2月中旬、新型コロナウイルス感染の有無を調べる「PCR検査」の依頼が殺到した。中国の武漢市周辺から政府のチャーター機で帰国した人々の観察期間が終わりに近づき、滞在先のホテルや施設から出られるかを判断するためだ。

PCR検査では新型ウイルスの特徴的な遺伝子に反応する試薬を使用し、喉の粘膜などから採取した検体で遺伝子の増幅が起きるかどうかを調べる。作業には数時間を要し、検体からの感染を防ぐ対策も必要…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]