/

この記事は会員限定です

マレーシア民主化岐路に マハティール氏、首相続投も

[有料会員限定]

【クアラルンプール=中野貴司】マレーシアのマハティール首相の辞任を受け、アブドラ国王は25日、全下院議員と面談して後任に関する意見を直接聴取すると発表した。地域政党も含めてマハティール氏を支持する動きが広がっており、同氏が首相に復帰する流れが強まりつつある。

ただマハティール氏が自らの続投を狙った連立組み替え構想に対する民意の反発はなお強い。2018年の総選挙で政権交代を実現したマレーシアは議会制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン