/

この記事は会員限定です

株価に「離れ大島」誕生懸念(市場点描)

[有料会員限定]

日経平均株価の週足チャートに弱気サイン点灯の兆しが出ている。2019年11月の上昇で2万3000円付近に空白の価格帯「窓」ができた。25日は再び窓を開けて下げた。28日まで2万3000円を下回り続ければ「アイランド・リバーサル」と呼ばれ、相場の下落局面入りが示唆される局面となる。

「離れ小島」が浮かぶように見えるのが名前の由来。日足では19年に2回できた。週足で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン