/

電通、本社勤務5000人を在宅勤務に 新型コロナ1人陽性

東京・汐留の本社ビルに勤務する全従業員を対象に在宅での勤務に切り替える

電通は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、東京・汐留の本社ビルに勤務する全従業員を対象に26日から在宅での勤務に切り替えると発表した。約5000人が対象になる見込み。本社ビルに勤務する50歳代の男性従業員1人がウイルス検査で陽性となったことが24日わかり、対策を徹底する。

在宅勤務の期間は定めず、感染拡大の状況を見ながら当面実施するとしている。検査で陽性だった従業員は25日は出社しておらず、業務スペースは消毒をしている。濃厚接触者が4人いるが、いずれも25日から在宅勤務に切り替えたという。

在宅勤務の対象となるのは、東京の本社ビルに勤務するグループの従業員。関西支社や中部支社など各地のオフィス勤務者は対象外だ。緊急性の高い業務については、取引先の理解が得られた場合、相手方で打ち合わせなどをすることを認める。電通広報は「政府方針を受けて在宅勤務に切り替えることにした」としている。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン