/

この記事は会員限定です

プログラミング言語「COBOL」、インテックが研修事業

[有料会員限定]

TISインテックグループでシステム開発大手のインテック(富山市)は、半世紀以上前に開発されたプログラミング言語の研修事業を始めた。国家試験の「基本情報技術者試験」の出題から外れるなど「枯れた」言語だが、多くの国内の金融機関のシステムなどでは依然として欠かせない技術でもある。ニッチ市場を開拓して今後のビジネスにつなげる。

このほど1959年に開発されたプログラミング言語「COBOL(コボル)」が1日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン