ゲノム編集特許 商業利用でコスト増の恐れ、回避の余地も

2020/2/25 19:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」に関連する米ブロード研究所などの特許の一部が認められた。医療や農林水産業への利用を目指す日本企業にとって、ライセンスの許可を得る作業やコストの負担が増す恐れがある。一方で技術を工夫すれば、特許の回避も狙えそうだ。

先端特許問題に詳しい牧野和夫弁護士は「ゲノム編集技術の商業利用者は、多くの特許権者からライセンス許可を得ることが必要となる」と指摘する。製薬会社や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]