/

この記事は会員限定です

ゲノム編集特許 商業利用でコスト増の恐れ、回避の余地も

[有料会員限定]

ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」に関連する米ブロード研究所などの特許の一部が認められた。医療や農林水産業への利用を目指す日本企業にとって、ライセンスの許可を得る作業やコストの負担が増す恐れがある。一方で技術を工夫すれば、特許の回避も狙えそうだ。

先端特許問題に詳しい牧野和夫弁護士は「ゲノム編集技術の商業利用者は、多くの特許権者からライセンス許可を得ることが必要となる」と指摘する。製薬会社や食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン