米・インド貿易交渉、関税・5Gが火種 懸案先送り

2020/2/25 19:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューデリー=河浪武史】トランプ米大統領は25日、訪問先のインドでモディ首相と会談し、液化天然ガス(LNG)の新規供給や30億ドル規模の武器輸出などで合意した。トランプ氏は記者会見で「貿易協定の締結に楽観的だ」と主張し、2国間交渉の加速を求めた。ただ、インドの関税政策や次世代通信規格「5G」などの懸案は軒並み解決を持ち越し、火種を残した首脳外交となった。

トランプ氏は24日から2日間の日程でイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]