/

この記事は会員限定です

米企業のゲノム編集技術認める 知財高裁判決 専門家の見方

[有料会員限定]

知的財産高裁は25日、遺伝子を切り貼りするゲノム編集技術の関連特許を認めなかった特許庁の審決を不服として、同技術の研究で世界的に著名な米ブロード研究所が審決取り消しを求めた2件の訴訟の判決を出した。うち1件の訴訟で同研究所側の主張を認め、特許庁の審決を取り消した。日本企業への影響などについて専門家に評価を聞いた。

■国内でも2つの主要プレイヤーが優位に~一色太郎・外国法事務弁護士 知財高裁の判決によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン