アジアベストレストランが中止、佐賀県 新型コロナで

2020/2/25 19:35
保存
共有
印刷
その他

佐賀県は25日、3月下旬に武雄市で開催予定だった国際的な食のイベント「アジアベストレストラン50」が中止になったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、英国の主催者が判断した。山口祥義知事は「食や器を中心とした地域資源の存在感を国際的に高め、ビジネスの創出につなげようと頑張ってきただけに残念」とのコメントを発表した。

同イベントはロンドンのウィリアム・リード社主催。「食のアカデミー賞」とも呼ばれる「世界ベストレストラン50」のアジア版で、アジアのトップシェフや飲食・貿易関係者ら約800人が集い、武雄市で3月22~24日、日本初開催される予定だった。

佐賀県は約9400万円の予算を組み、有田焼などの食器や県産品を売り込む準備を進めていた。県によると、このうち開催地負担金として約5500万円をリード社に支払っているが、その対応は今後話し合う。主催者側からは先週末に中止の打診があったという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]