/

北海道に感染症チーム派遣 厚労省、集団感染班も設置

加藤勝信厚生労働相は25日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が続出している北海道に感染症の専門家チームを派遣したことを明らかにした。道と連携して患者データを分析し、感染拡大防止に向けた対策を検討する。

患者の集団(クラスター)への集中対策を講じることが拡大防止のカギになるとして、国立感染症研究所や東北大の感染症研究者で構成する「クラスター対策班」を厚生労働省内に初めて設置したという。

また北海道知事から「集団発生の恐れがある」として要請を受け、同省は感染研の専門家3人を派遣した。

加藤厚労相は「患者の集団が別の患者集団を生み出さないようにすることが、感染の広がりを終わらせるために極めて重要だ」と集団発生の端緒を捉えた早期の対策の必要性を強調。患者の集団の広がりが確認された地域に対し、今後関係する施設やイベントの開催自粛などを要請する意向を示した。

クラスター対策班では各地域での患者のデータを集計分析した上で集団発生が生じているかどうかを判断し、発生のおそれがある場合は各自治体と協議した上で対策を議論する。自治体からの要請があれば、専門家を現地に派遣する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン