北陸銀など、富山市の官民事業に15億円協調融資

2020/2/26 6:00
保存
共有
印刷
その他

北陸銀行は25日、富山市の官民パートナーシップ(PPP)事業にプロジェクトファイナンス(協調融資)を実施すると発表した。富山銀行や富山信用金庫(富山市)、日本政策投資銀行の4金融機関で総額15億7700万円を融資する。富山市の本庁舎の北側にある公有地での8階建て複合施設の建設に充てる。2021年3月にオープンさせる計画だ。

富山市のPPP事業「本庁舎北側公有地活用事業」を受託するために設立されたPPP新桜(富山市)への協調融資となる。同社はビル管理や通信システム施工・販売を手掛けるホクタテ(同市)が代表を務める。

新しい施設の1~4階部分にはスポーツクラブなど、5~8階部分には市の教育委員会などが入る予定。北陸銀の担当者は「今後もこうしたPPP事業などの計画があれば参加を検討したい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]