鈴木修スズキ会長、軽トラ市に込める情熱
茶ばしら

2020/2/25 18:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昨年末、静岡県掛川市内の街の中が熱気に包まれた。軽トラックの荷台を使って地元産品などを売る「軽トラ市」の全国大会が開かれ、約2万5千人が訪れた。採れ立ての色とりどりの野菜や果物、食欲をそそる香りの総菜がずらりと並んだ。軽トラ市を応援するスズキの鈴木修会長も会場を訪れ、ついつい財布のひもを緩めていた。

2005年に岩手県雫石町で始まり、現在は全国約100カ所で定期的に開かれるまでに広がりをみせる軽…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]