/

新型コロナ影響、食品・飲料工場で見学休止広がる

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため食品・飲料大手が25日、相次ぎ工場見学の受け入れを休止すると発表した。サントリーホールディングス(HD)は29日から受け入れを休止する。キリンHDは3月1日から受け入れを休止する。再開時期は未定だが、感染拡大のリスクを抑えるための当面の間の措置と位置づける。

サントリーHDの見学受け入れ休止は、全国にあるウイスキー、ビール、ワイン、天然水の各工場を対象とする。工場見学は週末に人数が増える傾向で感染拡大のリスクが高まることから、29日以降休止するとした。

キリンHDは傘下のキリンビールの9工場、清涼飲料を生産するキリンビバレッジの2工場、ウイスキーを生産するキリンディスティラリーの富士御殿場蒸留場(静岡県御殿場市)が対象だ。

これまでも同社では見学希望者が中国への渡航歴がある場合などは受け入れを拒んできた。感染拡大のリスクが高まっているとみて、月替わりのタイミングで全面的な受け入れ休止に踏み切る。

飲料のほか食品各社にも受け入れ休止の動きは広がっている。味の素は26日から全国3工場で当面の間、工場見学の受け入れを休止する。日清オイリオは25日から、食用油などを製造する横浜磯子事業場(横浜市)での工場見学を休止した。

既にアサヒグループホールディングスは22日に全国15の工場で受け入れを休止している。いずれも再開時期は未定としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン