/

新型コロナで緊急対策本部 全国知事会、拡大封じ込め

全国知事会は25日、新型コロナウイルスの感染の拡大を受け、全都道府県が参加する緊急対策本部を設置した。国内で感染が広がり、国が感染拡大に備えた基本方針を決めたことを受け、歩調を合わせて拡大防止に向けた取り組みを進める。

「新たなフェーズに来た」として対策を急ぐ(25日、東京都千代田区の都道府県会館)

飯泉嘉門会長(徳島県知事)は本部を設置することで、「都道府県間の相互支援を実施し、感染症の拡大防止を実効性のあるものにする」と述べた。感染者が都道府県を越えて移動するケースなども発生しており、自治体間の連携が欠かせないとしている。

同日示した緊急声明では、感染の封じ込めなど、自治体が進める対策を支援するよう国に要求した。感染者の情報の開示や簡易検査キットの開発なども求めた。

知事会は1月30日に緊急対策会議を立ち上げていたが、本部に格上げした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン