/

香港の書店株主に懲役10年 禁書扱い違法情報提供罪

【香港=共同】香港で中国本土の禁書を扱っていた「銅鑼湾書店」親会社の株主の桂民海氏が25日までに、中国浙江省寧波市の中級人民法院(地裁)から、海外への違法情報提供罪で懲役10年の判決を宣告された。香港メディアが報じた。

桂氏はスウェーデン国籍だったが、同法院の発表によると、2018年に中国国籍を回復した。今月24日の判決を受け、桂氏は罪を認め上訴しないと表明したという。

香港メディアによると、桂氏は15年にタイで中国側の関係者に連行され、中国国内で拘束されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン