新型コロナ、重症者受け入れ拡充へ ベッド確保に補助

2020/2/25 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は新型コロナウイルスに感染した重症患者を入院治療するため、新たにベッド(病床)を確保する病院に費用の一部を補助する。政府は専用設備のある「感染症病床」に加え、新型インフルエンザの患者向けの病床で合計3400床の確保を進めているが、さらなる上積みを促す。重症患者が増えることへの備えを急ぐ。

重症患者の受け入れに向け、一般の病床を空けたままにしておく病院が対象だ。当面、空床にしている間にも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]