大丸松坂屋、「GINZA SIX」の優先出資を一部取得

2020/2/25 18:07
保存
共有
印刷
その他

J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は25日、同社が運営する商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」の優先出資証券の一部を取得したと発表した。取得金額は非公開。百貨店が得意とする仕入れ販売モデルから売り場を貸し出す不動産モデルへの転換を進めるべく、自社主導での経営を強化する。

取得日は2019年12月9日。共同でギンザシックスを運営する特定目的会社(SPC)「銀座六丁目開発特定目的会社」の優先出資証券33.3%を取得した。

ギンザシックスは17年4月に東京・銀座の松坂屋銀座店跡地に開業した。全館を不動産型のビジネスモデルで運営し、国内外の高級ブランドが多数入居する。Jフロントは「今回の取得で、より一体的な経営を目指していく」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]