京浜急行、神奈川・三浦半島の2ホテルに天然温泉

2020/2/25 19:20
保存
共有
印刷
その他

京浜急行電鉄は4月にホテル京急油壺観潮荘(神奈川県三浦市)と観音崎京急ホテル(同県横須賀市)に天然温泉を導入する。2018年から三浦市内で掘削を進め、温泉の掘り出しに成功した。「油壺温泉」と命名し導入を記念した期間限定宿泊プランも提供する。

ホテル京急油壺観潮荘では現在、海水を加熱して露天風呂などで使用している(神奈川県三浦市)

温泉は観潮荘近くの同社所有地から湧き出している。ナトリウムを多く含む泉質で、環境省が定める「療養泉」にあたり、神経痛の緩和や疲労回復などの効能が期待されるという。担当者は「箱根までとはいかないが、三浦に来る1つのきっかけになれば」と話す。

観潮荘では客室の露天風呂にも温泉をひく。観音崎京急ホテルは隣接する温浴施設「SPASSO」内の露天風呂で導入する。湯元から距離があるため、トラックで毎日温泉を搬送する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]