/

この記事は会員限定です

巨匠の執念 ノンフィクション作家 堀川惠子

[有料会員限定]

テレビドラマ『やすらぎの郷』とその続編について続ける。撮影現場に命がけで挑んでいるのは、高齢の出演者たちばかりではない。

脚本家の倉本聰さんは85歳。ドラマには自身のテレビ界での経験をふんだんに盛り込もうと考えたという。だから俳優の代わりはいても、脚本家の代わりはいない。

「死ぬ前に何としても書き終わらねば」

倉本さんは『ドラマへの遺言』の中でそう語っている。百三十話の長丁場を4カ月で一気に書き上げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン