/

この記事は会員限定です

北海道興部町も地域新電力、21年設立目標

[有料会員限定]

北海道興部町は紋別市など北オホーツク地域の5市町村と共同で2021年ごろを目標に地域新電力会社を設立する。牛のふん尿を活用して発電するバイオガス発電所を倍増し、地域の公共施設などに売電する。ふん尿の処理能力を3倍に高め、発電で生じる熱なども地域内で余すことなく使う。人口が減るなかで酪農やエネルギー供給を維持し、収益を高める。

資本金や出資比率は未定。新会社が主導して地域内のバイオガスプラントを現状...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン