/

イオン系ドラッグストアとスーパー、日用品を共同調達

ドラッグストア大手のウエルシアホールディングス(HD)と食品スーパー大手、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(USMH)は25日、日用品の共同調達で合意したと発表した。仕入れを一括化することによる原価の低減や、仕入れ・販促に関わる業務の統合による効率化が狙い。両者はともにイオングループに属している。

両社は3月1日に契約を結び、5月中旬ごろをめどに順次共同調達を始める。対象は洗剤やシャンプーといった日用品や、化粧品、健康食品のほかペットフードなど。調達に向けたメーカーや卸との商談や棚割り、販促活動も共通化する。USMHの年間仕入れ額では約150億円分、売上金額では全体の4%弱が対象になる。

USMHの商品選定や棚割り、販促施策に関わる人員をウエルシアHD内に置き、ウエルシアの売れ筋商品や効果的な販促をUSMHが取り入れる。イオングループ内でドラッグストアと食品スーパーの業態の垣根を越えて連携することで、グループとしての相乗効果を生み出す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン