東北電、女川原発の保安規定の補正書を規制委に提出

2020/2/25 17:34
保存
共有
印刷
その他

東北電力は25日、女川原子力発電所(宮城県女川町、石巻市)の運転管理に関する「原子炉施設保安規定変更」の補正書を原子力規制委員会に提出した。1号機の廃炉での保安活動の責任者「廃止措置主任者」の選任者を見直すなどした。

女川原発の保安規定では1号機の廃炉に伴う工事が2、3号機に影響を与えないように社内で審議する過程も明確にした。東北電は女川原発の保安規定を2019年12月に提出していた。

東北電は女川1号機の廃炉の具体的な作業工程を盛り込んだ「廃止措置計画」の補正書も提出した。

1号機の使用済み燃料の搬出について、再処理事業者に譲り渡すか、女川3号機の使用済み燃料プールに搬出することを盛り込んだ。

東北電は同日、19年12月に提出していた東通原発(青森県東通村)の「保安規定変更」が21日付で規制委に認可されたことも発表した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]