国際教養大学、卒業式・入学式を延期 新型コロナで

2020/2/25 17:30
保存
共有
印刷
その他

国際教養大学は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、卒業式と入学式を延期すると発表した。卒業式は3月21日、入学式は4月8日に秋田市内のキャンパスで開く予定だった。新たな日程は未定。2011年の東日本大震災に伴う延期以来、2度目になる。

記者会見する国際教養大の鈴木学長(右)(25日、秋田県庁)

延期の理由として(1)学生の4分の1が留学生で、日本人学生の85%が県外出身者を占める中での式典開催は感染リスクを高める(2)感染がまん延した場合、200を超える海外大学との交換留学制度の維持が困難になる(3)学生寮で共同生活を送る新入生と留学生の感染を防止する――を挙げた。卒業式や入学式には例年、保護者を含め400~500人が参加している。

鈴木典比古学長は25日に秋田県庁で開いた記者会見で「キャンパス内で感染者が発生すると、本学のみならず秋田県、日本の問題になる。延期は苦渋の決断だった」と話した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]