/

国際教養大学、卒業式・入学式を延期 新型コロナで

国際教養大学は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、卒業式と入学式を延期すると発表した。卒業式は3月21日、入学式は4月8日に秋田市内のキャンパスで開く予定だった。新たな日程は未定。2011年の東日本大震災に伴う延期以来、2度目になる。

記者会見する国際教養大の鈴木学長(右)(25日、秋田県庁)

延期の理由として(1)学生の4分の1が留学生で、日本人学生の85%が県外出身者を占める中での式典開催は感染リスクを高める(2)感染がまん延した場合、200を超える海外大学との交換留学制度の維持が困難になる(3)学生寮で共同生活を送る新入生と留学生の感染を防止する――を挙げた。卒業式や入学式には例年、保護者を含め400~500人が参加している。

鈴木典比古学長は25日に秋田県庁で開いた記者会見で「キャンパス内で感染者が発生すると、本学のみならず秋田県、日本の問題になる。延期は苦渋の決断だった」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン