山形の百貨店「大沼」閉鎖1カ月、跡地活用見通せず

2020/2/25 16:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形市の老舗百貨店、大沼が閉鎖してから1カ月が経過した。行政は解雇された元従業員らの再就職や取引先の支援に注力する一方、店舗跡地の活用は見通しが立たない。市などの調査では大沼に入居していたテナントが周辺に出店する動きは限定的だ。全国各地で閉鎖店舗の跡地利用は課題になっており、街のシンボルの行方には不透明感が漂っている。

山形市などで構成するエリアマネジメント協議会が大沼のテナント71社・ブランド…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]