/

この記事は会員限定です

「ピノコ哀しや」芹沢俊介さん

医療漫画の名作、愛で読み解く

[有料会員限定]

誰もが見放すような難病やケガの治療に、無免許の天才外科医が挑む漫画『ブラック・ジャック』。手塚治虫の代表作のひとつに挙げられる作品の読み解きに挑んだ。「あっと驚く展開で読者の関心を引く奇譚(きたん)の側面より、人間の、愛の物語として捉え直した」

カギは書名にある「ピノコ」だ。若い女性患者の「畸形(きけい)嚢腫」から取り出した人間の臓器ひとそろいを使い、ブラック・ジャックが作り出した少女。舌足らずな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン