ピリカ、海洋プラごみ調査を事業化

2020/2/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ごみ投棄など環境関連調査を手掛けるピリカ(東京・渋谷)は、海洋プラスチックごみの実態調査を2020年度から本格的に事業化する。河川や港湾の水を採取し、その中に含まれる海洋プラごみを分析。これまでは日本と米国の約60カ所での自主調査にとどまっていたが、2020年に欧州3カ国で着手する調査実績も踏まえてプラスチック容器メーカーなど向けに売り込む。早期に国内外300カ所での調査受注を目指す。

ピリカは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]