変わる大学図書館、学生の「学び意欲」を後押し
校舎の中心に配置 24時間自習室併設も

大学
2020/2/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

各地の大学が学生の「学び」の機能を高めようと、図書館の改革を進めている。本に接する機会を意識的に増やすため、図書館をキャンパスの中心に据えた校舎を新設したり、仲間同士で気軽に利用できる自習室などを館内に充実させたりする動きも目立つ。教育・研究の場としての図書館を時代に対応してどう位置づけるか、各大学の戦略も問われている。

追手門学院大(大阪府茨木市)が2019年4月に開設した「茨木総持寺キャンパ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]