[FT]通信、世界分断の未来図 新型コロナで加速リスクも

ラナ・フォルーハー
FT
FT commentators
2020/2/26 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる新型肺炎で中国と一部先進国との経済面のデカップリング(分断)が一層注目を集めている。工場の操業が停止し、消費もぱたりと止まったため、多国籍企業は中国から生産を移管せざるをえなくなっている。米アップルは投資家に、コロナウイルスの影響で売上高が落ち込むと警告した。

世界経済のデカップリングは数年前から徐々に進行してきた。例えば韓国のサムスン電子は中国の工場を閉鎖し、ベトナムに…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラナ・フォルーハー

FT commentators

グローバル・ビジネス・コメンテーター

Rana Foroohar 米国生まれ。米ニューズウィーク、米タイムを経て2017年3月にFTに移る。米IT(情報技術)企業の事業を通じ蓄積した利用者のデータを駆使した事業モデルの在り方に早くから警鐘を鳴らしてきたことで知られる。米外交問題評議会の生涯会員。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]